HOME > 結ホール > イベント報告(年代別)

イベント報告(2008年)

目次No.1No.2No.3|No.4

MADOKA TAKAGI/高木まどか 写真展「My Place」
25年の米国在住、この度の帰国を記念して

2008年10月5日

10月5日(日)~10月12日(日)・午前10時~午後5時
※5日の日曜日は、本人が在館致しております。

*

 1

3 3

□展覧会
2007 ニューヨーク公立図書館、ニューヨーク、NY
2002 近代美術、ニューヨーク、NY
2000 ケンタッキー美術工芸基金、ルイスビル、KE
1993 近代美術館、ニューヨーク、NY
1992 国立アメリカ美術館、スミソニアン、ワシントン、DC。
1992 ニューヨーク公立図書館、ニューヨーク、NY
1989 カリフォルニア大学、バークレイ、CA

 

4 5

□個展
2002 ソロモン写真画廊、ラグナ、CA
1997 1996、 シラス画廊、ロスアンゼルス、CA
1993 1991、 ローウェンスキー画廊、ニューヨーク、NY
1992 ステファン コーヘン画廊、ロスアンゼルス、CA
1988 リバーマン、ソール画廊,ニューヨーク、NY
1987 ミッドタウン Y写真画廊,ニューヨーク、NY
 

 

6

7 8

■収蔵先 (主なもの)
J.ポール.ゲッチー美術館 J. Paul Getty Museum, Los Angeles, Ca.
ニューヨーク公立図書館 New York Public Library, New York, NY.
スミソニアンアメリカ美術館 Smithsonian American Art Museum, Washington DC.
国立美術画廊 National Gallery of Art, Washington D.C
サンフランシスコ現代美術館 San Francisco Museum of Modern Art, San Francisco, CA
サンディエゴ写真美術館 Museum of Photographic Art, San Diego, CA.
ヒューストン美術館 Museum of Fine Arts, Houston, TX.

 

8 9

■奨学金
2002 グーゲンハイム基金グラント

◇出版、レビュー
2005 “My Place” モノグラフ
2005 “Looking at Los Angeles”
1992 “Between Home and Heaven, Contemporary American Landscape Photography”
1989 “Ellis Island. Echoes from Nation’s Past”

 

9 10

▼Art Review
LA Times Aug 1997, Nov. 1996, デビット ペイゲル
View Camera Aug.1993, マーガレット ビーミンク
New York Times Jul.1993, チャールス ヘイガン
New Yorker March.1991, イングリッド シシー

 

11 12

 1983年1月7日、ニューヨークへ発った。なにが、欲しかっつたのかは、解らなかっつた。“自分の場所”の中で書いている。“今は解る,それは、幸福だっつた----それが話の始まりだ。だが、本当を言えば、現在、幸福の意味など知る余地などない。自分は、写真を考える為の道具として、使っつている。言語は唯一の、考える、ための道具だっつた。あの頃、自分にあったのは、借り物の表面を繕うこたばだっつた。お気に入りの、作家、哲学者、等、等。自分自身の存在を本当に、自分のことばで考える日が来るのか?
 突然、昨日までにはなかっつた事が自分に頭の中デ、回転し始める。突然,ある日、最も重要で、複雑で、それでいて、驚くほど単純な考えが自分を覆い尽くした。何故、自分は生き続けなければならないのか? 来年の、この時間、この瞬間、そして永遠に、同じ事なら、何故、今,終わりにしないのか?
  それが、多分始まりだった。

* * *

 I moved to New York Jan 7 1983.I did not know what I wanted. In “My Place” I wrote “---Now I know, It was Happiness.” But tell the truth I have no idea abut the meaning of this word. I use photography as a tool of my thinking. The language is the only a tool construct owns own thoughts. But I realized I didn’t have own my world. I was just borrowing the word from other writers, philosophers and so on. How can I possible to think about my life with out own my vocabulary--? Suddenly one day the most important and complex, yet so simple idea came to me. “Why do I have to continue to live if I know I would spend exactly the same my life at this moment in next year and coming years over and over again. Why I just die now---. So I changed. I have no prediction abut my life. Good and Bad, or Great and Horrible.

13

*

■写真集“My Place”amazon comで購入可能。
定価$60→$48.35、used $14.99

*

友人の妹である、
当時高校生だった「高木まどか」が、カメラを買いたいというので、
なにがしかのアドバイスをしてあげたのが、
知り合いになるきっかけだったと思う。

その後、大学を卒業して就職した銀行を辞め、
アメリカに渡っていったという話は、聞いていた。

その彼女がアメリカでの写真家活動の1部を、
ここ、結ホールで披露するという。

渡米25年、
乾いた映像の中から、その内面を垣間みることができるかもしれない。


ホーム 会社概要 家づくり 工事レポート 古民家再生 作品集 結ホール 写真館 文化を語る 社長室 リンク お問い合せ サイトマップ