ワイナリー

 ヴィアグレスト宝水

  ワイナリー新築工事

   三笠・栗沢につづき、岩見沢宝水に空知ワイン街道第3段!




  


*

敷地面積2930.65?(884.75坪)

建築面積: 403.74?(122.13坪)

延床面積: 498.14?(150.68坪)


工期12月12日〜2006年3月31日 


棟梁:管井徹  村上俊郎 



 計画概要


計画イメージ図

道道三笠・栗山線を栗山方面から走ってきて、
上志文を過ぎ。毛陽への信号も過ぎて行くと、
両側に山が連なる沢のなかに入ってきます。
右手に「雉が森カントリー」をみてすぐの左の山裾に、
ぶどう畑が広がっているのがわかります。
そのぶどう畑を上から見下ろすように、
計画されたワイナリーです。

「ヴィアグレスト・宝水ワイナリー」
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/report2005/vieagreste/winery/winery01.htm

さらに
道道三笠・栗山線を500Mも進むと、沢を挟んで向き合うように、
春に竣工した
「ヴィアグレスト・アイスハウス」があります。
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/report2005/vieagreste/vieagreste02.htm

ワイナリーに使用される材料は、解体材再利用です。
*
「歴史ある建物」の復活、第2弾!
藤山海運(小樽)軍需工場。
http://www.tkb2000.co.jp/takebe/news2003/123gatu/otarusouko/otarusouko.htm
*
果たして、時代の流れを受け継いで、
どんなワイナリーが立ち上がってくるのか、楽しみでもあります。
そして、小樽から岩見沢に新たな文化を担っていけるよう、
期待したいと思います。




3.完成編

 5月2日、外部編。



 
アプローチからとファサード。


 
山側両サイドから。


 
葡萄搬入口になる北面と三栗線側の東面、窓の多い方が南でショップ側、窓のない方が北でワイナリー側。



ファサード庇の上の葡萄畑展望バルコニーを見上げる。
窓ガラスは、LowEペアガラスのため反射が強い。



 

展望バルコニーから夕景の葡萄畑を見る。



ファサード庇を受けるカラマツの独立柱




 4月12日と5月2日の、内部編。



 
ファサードから入ったショップ内部。事務室と製品室を見る。
存在感満点の大梁と トラス、腰板はカラマツ。


 
ショップの階段廻り。入り口と瓶詰め室を見る。


 
ショップ製品室入り口と製品室からショップを見る。


 
ショップから2階へあがったギャラリー、階段側を見る。小屋のトラスは、風格の再生品。
階段手すりの連続する格子とトラスが美しい。




階段。


 
ギャラリーからタンク室吹き抜けを見る。


 
2階南側の応接室。展望バルコニーはここからでる。
照明は、小泉のヒット商品の「KUMO」



 

  
1階北入口から、搾汁室へ入りタンク室へ。


 
2階ギャラリーからみるタンク室。


 
樽貯蔵庫と瓶詰め室(奥がタンク室)。





2.へ戻る


工事レポート一覧に戻る


Home