武部建設株式会社 - モダン クラシック

お問い合わせ

リンク

サイトマップ

プライバシーポリシー

工事レポート

工事レポート

岩見沢N邸

  • 0玄関ホールから階段を見る
    1リビング・ダイニング
    2造作キッチン
    3パントリーからキッチンを見る
    4玄関ホールからパントリーを見る
    5リビングからキッチンを見返す
    6洗面コーナー
    7脱衣所
    8外観
  • 0美装が終わり、最後の仕上げ工事です。
    リビングの様子
    13連障子を開けると、ウッドデッキへ出られます。
    樹脂サッシは大開口スライディングドア(ヨコ引き)なので、
    1300mm程度オープンに開ける事ができます。
    2オリジナル造作キッチン(タモ材)
    3階段ホール
    階段下はデスクコーナー。
    4洗面コーナー
  • 0設備器具の取り付け
    1建具取付
    (リビング⇔和室)
    和風になりすぎないように、
    横格子のみ。
    材料はラワン、見付けもシャープにして、繊細に見せてます。
  • 0玄関土間タイル貼り
    外観の様子
    これから外構の仕上げです。
    2植栽は来年手を掛けます。
    3玄関アプローチ
    (塗装、左官、建具はこれから)
    正面道路から直接玄関ドアが見られないように、
    ルーバーで仕切ってます。
  • 0外壁(木酢液含侵カラマツ)板張り
  • 0外壁板張り
    木酢液含侵材の胴縁押さえ
    1タモ材の造作キッチン取付
    天板はステンレス
  • 0造作家具取付完了しました。
    パントリー収納棚
    12階フリースペースの本棚
    2今週から内装の仕上げが始まります。
  • 0階段造作中
    手すり壁は極力薄くし、階段の幅をできる限り広くとってます。
    階段のスペースは造り付けのカウンターを設け、書斎となります。
  • 0和室造作
    天井は秋田杉の羽目板張り。
    天井に木を使うと、ぐっと上から抑えられ、
    重心が低く、落ち着いた印象になります。
    1建具の枠付けや内部造作が、進められてます。
  • 0フローリング張り
    ナラの無垢材(厚み15mm)
    1和室造作
    リビングと繋がる形で、形式張った和室というよりかは、畳敷きの寛げるスペースが繋がります。
    吊り押入にして地窓を設け、天井は秋田杉の羽目板を張り、高さをうんと低く抑え、重心を下げてます。
  • 0玄関アプローチも出来ました。
    外壁はカラマツ板張り(木酢液含侵材)です。
  • 0(リビングから階段ホールを望む)

    壁、天井のGW入れが大方終わり、これから石膏ボードを張っていきます。
  • 0玄関アプローチと外物置は下屋で寄り添います。
  • 0野地板合板まで終わりました。
    (ブルーシートで養生中)
  • 0外壁の付加断熱下地入れ。
    (軸間90mm+付加断熱90mmの構成)
  • 0(リビングダイニング)
    屋根パネルまで掛かりました。
    右側の開口はスライディングドアが入り、
    ウッドデッキへ繋がります。
    1その見返し。
    独立柱と吹き抜けの梁は、
    カラマツの無垢材を表しで。
  • 01階床面積 22坪
    2階床面積 10坪
    延べ床面積で32坪+玄関アプローチ4坪
    無理無駄を省いたコンパクトなプラン。
    写真は1階の壁パネルの様子。
    1片流れ屋根。
    リビングダイニングは吹き抜けとなり、屋根なりの勾配天井。
    22階の壁パネル。
    床で壁パネルを組み立てから、起こします。
    3外観から見たところ。
  • 0今日から土台敷きです。
  • 0基礎工事完了しました。
    手前の飛び出た基礎は、ウッドデッキの基礎になります。
    1玄関アプローチ
    階段を5段登って玄関へ着きます。
  • 0布基礎の型枠が外れました。
    次は土間の埋め戻しです。
  • 0布枠建て込み。
  • 0布基礎ベースのコンクリート打設。
  • 0捨てコンまで終わりました。
    明日から鉄筋組んでいきます。
  • 0岩見沢で新しい新築現場が始まりました。
    空間の質や断熱性能は落とさずに、シンプルな構造・屋根形態・コンパクトプラン(32坪)でコストダウンを図ってます。
    玄関までのアプローチやウッドデッキ、レンガ敷きの外土間、植栽など外部空間も積極的に計画してます。
    またキッチンもTAKEBE造作キッチンでプランニング中です。

一覧に戻る