武部建設株式会社 - モダン クラシック

お問い合わせ

リンク

サイトマップ

プライバシーポリシー

工事レポート

工事レポート

大開口窓とロフトのある家

  • 0布枠をばらし、基礎の姿が分かるようになりました。
    基礎の上に飛び出しているのは、基礎と土台や基礎と柱を緊結する大切な金物です。
    1本日は現場に左官屋さんが入っていました。
    断熱材を紫外線による劣化から守るために樹脂モルタルを塗りました。
    明日からは設備屋さんが外部配管を行いに現場へ来ます。
  • 0前回の更新時に書いていた、外側の200mmの断熱材。
    写真左側と前方に写っているのがそうです。
    昔の家は床が冷たく底冷えすると言いましたが、今はこの断熱材があるおかげで家の中を裸足で歩いてもひやっとする冷たさはありません。
    (もちろん、基礎断熱だけではなく、他の部分の断熱・気密性能を上げないと意味がありませんが…)
    1こちらは本日の朝の様子です。
    全道的に寒気が来ていますが、こちらの現場もこのような状態に…。
    4月中旬で冬に戻ってしまうとは…という感じです。
    お昼頃までは吹雪くこともありました。
    写真に写っている作業員さん方も寒さとの戦いでした。
    2打設時には午前中までの吹雪が嘘のような青空に!ただ、風は冷たい…。
    これから冬が近づいてくるかのような天気でした。
    3布の打設が無事に完了しました。
    打設が終わったときには、曇り空に…。
    本日は大変天気が変わりやすい1日でした。
    もう雪は降らないと思いますが、念のため養生をしておきました。
    明日は丸1日養生日です。
  • 0ベース枠と鉄筋が完了しました。
    この後、設計通りに鉄筋が組まれているかの配筋検査を実施しました。
    また、当然のことですが、作業している時以外は写真の前側に写っているように必ずバリケードを行っています。
    1ベースの打設を行いました。
    前日の夕方から久しぶりの雨で、天気が不安でしたが打設前にはしっかり上がってくれました!
    打設前までは数日間天気予報が気になり、打設が始まると生コンの発注数量が適切か?が心配になります…。今回も無事に終了して一安心。
    ベースの打設からはポンプ車を使用して行います。
    2先日ベースの打設を行い、型枠をばらしました。
    これから布枠の設置です。
    今回は基礎の外部に200mm、内部に75mmの断熱材でサンドイッチして施工します。
  • 0先週から掘り始め、約3日で完了。
    捨てコン打設する範囲を赤のスプレーでマーキングし、鉄筋で高さ出しをしました。
    1昨日、捨てコン打設を行いました。
    今回は2.75㎥のコンクリートを打設しましたが、1時間半くらいで終了。
    写真の奥にある雪の山が溶けてくると、せっかく掘った場所に水が浸透…。毎朝ポンプで水を汲み上げる作業から開始です。
    2本日は捨てコンに墨出しをし、ベースの型枠を設置し始めました。
    写真に写っている作業員さんも当社の社員です!基礎から木工事まで、社員で進めていけるのは、当社の強みです!
  • 0新規現場が開設しました!
    まずは建物の建つ位置と杭の打設位置を出しました。
    今回のお宅は、日差しがたくさん入る大開口窓と広々としたロフトが特徴です。

    《断熱仕様》
    基礎:外200㎜、内75㎜
    外壁:軸間105㎜、付加205㎜
    屋根:430㎜
    1着工に先立ち先週地鎮祭を行い、工事の安全と建物の繁栄を祈願致しました。
    こちらの写真は弊社社長が玉串拝礼をしている様子です。
    2建物の荷重をしっかり支えるために、今回は5mの杭と6.5mの杭を全部で38本打ちました。
    3本日から根堀の開始です。
    昨日までは春のような暖かさがありましたが、本日は雨がぱらぱらと…。
    現場が始まるといつも天気予報が気になってしまいます。

一覧に戻る