武部建設株式会社 - モダン クラシック

お問い合わせ

リンク

サイトマップ

プライバシーポリシー

古民家再生

民家再生の意義と当社の活動

民家は長いの歴史の中で名もなき庶民によって作り伝えられてきた「日本の住文化」のシンボルです。しかし、第二次世界大戦後の社会・経済の変化がもたらした生活様式の変貌により多くの民家が壊され捨て去られて来ています。

古民家が解体される理由は「暗い、寒い、不便」です。しかし、民家が本来内包する豊かさは再生することによって蘇り、現代の私達に多くの大切な事柄を教えてくれるのです。

民家再生の意義

まず第一に、伝統的木造建築の素晴らしさです。素晴らしさの根幹は伝統木構法にあります。「構造すなわち意匠」といわれ無駄をそぎ落としたシンプルで洗練された木造軸組架構の美しさとその力学的合理性は今、現代建築の中にこそ生かされるべきものです。

民家再生の意義と当社の活動 民家再生の意義と当社の活動

第二に、民家に使われている古材(こざい)の再利用です。木材は本来乾燥する事によって強度を増し素材としてその安定性を発揮していきます。まだ充分使える古材をその樹齢以上に使いまわしていくことにより日本の山の木を循環させることにもつながります。また古材の利用は3R(リデュース・リユース・リサイクル)の思想とも一致しています。環境問題が世界的課題となっている現在、これらのことはきわめて今日的意義を有していると思います。更に、自然素材である木材が古びる事によって醸し出される独特の美しさは工業製品のあふれる現代においてこそ見直されるべきものと思います。

第三には、このような古民家を解体・再生する大工の技の継承です。日本の伝統木造建築は世界最高のレベルであり、それを支え発展させてきた大工の技術体系もまた間違いなく世界最高のものと思います。戦後60数年の中で徒弟制度は崩壊し、素晴らしい大工の技は衰退してきました。古民家の解体・再生こそはこれらの技術を学ぶ大工の最も良い勉強の場であるのです。

第四に、解体・再生に係わる事によりその家の歴史に触れる事になります。家の歴史は地域の歴史であり、その地方の文化をも改めて知るキッカケを作ってくれるのです。現代のグローバリズムの嵐の中で地域に根ざした家づくりの大切さを確認するよい機会を与えてくれるのです。

第五に、古民家再生の過程では日本の住文化、日本人の伝統的な暮らし方の良さを改めて知ることにもなります。自然と調和し、四季折々の気候の変化を感じながら暮す日本人の精神風土の奥深さに触れることにより、現代を生きる私達の生活の方向性を見いだす一助となるのではないかと思うのです。

当社の活動

民家再生の意義と当社の活動

・1997年(H9)
NPO法人 日本民家再生協会(JMRA)に入会、以来、毎年民家フォーラムに参加
・1999年(H11)
降幡廣信 第二期古民家再成塾(木の建築フォーラム主催)に参加
・2000年(H12)
JMRA古材ネットワークに参加
・2001年(H13)
札幌国際住環境見本市の主催者テーマゾーンを担当。また、同見本市で民家再生セミナーを開催(6月)
・2001年(H13)
道立旧滝川農業試験場機械庫解体に際し再利用を道に働きかけ、道有財産リユースシステム構築を試行

民家再生の意義と当社の活動

・2002年(H14)
JMRAの茅葺き民家全国調査(農水省委託事業)に参加、北海道担当として厚沢部町、長沼町の調査を行う。
・2002年(H14)
北海道空知支庁「木の良さ再発見事業」に主要メンバーとして参加、3ヶ年シンポジュームなど様々な活動を行う
・2002年(H14)
日本建築学会北海道支部研究発表会にて民家再生について発表

民家再生の意義と当社の活動 民家再生の意義と当社の活動

・2003年(H15)
日本建築学会北海道支部研究発表会にて事例発表(滝川農試機械庫)
・2003年(H15)
日本木材学会北海道支部研究会にて講演
・2004年(H16)
日本建築学会北海道支部研究発表会にて古材再生活動について発表
・2004年(H16)
(社)日本建築学会北海道大会にてパネルディスカッション(建築教育部門)にパネリスト参加
・2004年(H16)
さっぽろ市民カレッジ秋期講座、講師(05年も同じ)

民家再生の意義と当社の活動

・2005年(H17)
木の良さ再発見事業」終了に伴い、NPO法人「北の民家の会」設立。以来現在まで積極的に活動をしている。
・2005年(H17)
穂別町中村平八郎邸復元工事完了を機に見学会及びセミナーを開催(JMRA主催)(12月)
・2006年(H18)
在ヒューストン日本領事館主催の講演会で北海道の民家再生について講演(3回)
・2007年(H19)
北海道立「北海道開拓の村』にて講演(2月)
・2008年(H20)
第二回北海道市町村立病院臨床検査技師会総会にて特別講演
・2009年(H21)
ウッドマイルズフォーラムin美幌にてパネリスト
・2009年(H21)
滝川市江陵中学にて全校講演(4月)
・2009年(H21)
北海道北方建築総合研究所主催シンポジューム「北海道の住宅の未来を考える」にてパネリスト(9月)
・2009年(H21)
北の民家の会として国交省事業 地域木造住宅市場活性化推進事業に応募、採択される。(北の民家モデル構築)
・2010年(H22)
設計コンペ「第7回 真の日本のすまい」(東京)で、住宅産業研修財団理事長賞を受賞(厚真 斉藤邸)
・2010年(H22)
北の民家の会として林野庁の水平連携等木材産業活性化のための支援・地域型住宅づくり支援事業に採択される。(北の民家モデル・設計マニュアル)

北の民家モデル 北の民家モデル・設計マニュアル

・2011年(H23)
厚真町古民家再生推進協議会委員に嘱託され活動開始。
・2011年(H23)
国交省地域型住宅ブランド化事業に採択され北の民家モデルを建築
・2012年(H24)
東大松村秀一教授を招いての講演会と「北の民家モデル」についてのディスカッション(10月)
・2012年(H24)
北海道立総合研究機構(道総研)フォーラム「森林と住まいと地域をつなぐ」にパネリスト参加(10月)
・2012年(H24)
「道産トドマツ無垢材と伝統的構造」(鶴居村O邸見学会・意見交換会)を主宰(12月)
・2013年(H25)
当社施工(’05)の宝水ワイナリー(戦前木造倉庫を再生)を舞台にした映画「ぶどうのなみだ」(大泉洋主演)のロケセットを制作)

ぶどうのなみだセット

・2014年(H26)
厚真町発注、古民家解体現場見学会(2月)
・2015年(H27)
厚真町発注の再生古民家でNPO法人北の民家の会総会、シンポジュームを開催
第11回定期総会 | 特定非営利活動法人 北の民家の会

参加者全員と記念撮影 担当棟梁の発表