武部建設株式会社 - モダン クラシック

お問い合わせ

リンク

サイトマップ

プライバシーポリシー

大工物語

大工物語

ーはじめにー

日本の木造建築はそのルーツをおそらく縄文時代にまで遡り飛鳥、奈良時代を経て長い歴史を重ねながらその技と道具を洗練させてきました。
それゆえ「構造即意匠」と言われる日本の木造建築の美しさと技術は間違いなく世界の最高峰に位置づけされるものと思います。

しかしながら、現代の家づくりにその素晴らしい伝統の美と技がどれほど生かされているでしょうか?

現代の大工職人にとって伝統木搆法と伝統的大工技術を学び身につける事はとても大切なことで今に至ってもすべての木造建築の基本であり根源でもあると思います。

しかし、それは一朝一夕に身に付くものではなく根気強い修行と高い志が必要です。それによって身に付いた技能と経験は現代の家づくりにもおおいに役立つものでもあります。
何故なら在来軸組工法はもちろん金物接合工法であれ、2×4工法、集成材プレカット工法であれ伝統木構法を学んだ腕の良い大工であれば何にでも対応できる適応力を持っているからです。
これは当社ばかりでなく木造建築を担う工務店にとって大きな武器になるはずです。

当社はこのような大工職人の育成と「大工のチカラ」を発揮できる建築物をつくり続けて行きたいと考えています。

ここではそのささやかな活動の試みとエピソードをご紹介させていただきたいと思います。

エピソード

大工物語


大工育成塾
「大工育成塾」は国土交通省の補助を受けた国家プロジェクトです。