武部建設株式会社 - モダン クラシック

お問い合わせ

リンク

サイトマップ

プライバシーポリシー

会社情報

創業者のこと

武部豊次郎(父:写真右)と武部豊種(息子)
武部豊次郎(父:写真右)と武部豊種(息子)
創業1946年当時……
~親子ではじめた造材と木工場~
明治の終わり、石川県能登半島から豊次郎が北海道に渡り、野の沢(現在の岩見沢市宝水町)に入植。
戦前は農業と造材に従事し、戦後、豊種がニューギニア戦線より復員した後、親子で造材と木工場(三笠市萱野)でスタートした。
当時の「豊次郎」の名刺
当時の「豊次郎」の名刺
役職名の記入がないといところに、
組織としての未成熟な部分と、自由な立場の雰囲気が読みとれます。
そして扱い品目が、
「建設業・ベニヤ板・製材・木炭生産・素材・フローリング・把薪」
建設業は単なる1分野にすぎず、
木炭やフローリングや薪などの業務内容が忍ばれ、
現在のユーザーの嗜好性と一致するというところが、
またおもしろいし、これからの方向性のヒントになってます。
武部豊次郎(父:写真右)と武部豊種(息子)
2004年8月5日
当社会長宅で、お香を焚こうとマッチを出してもらったら、
なんと、武部木工場時代のマッチ。
建築木材一斉・武部木工場・武部建設工業所
三笠市萱野駅前 T312
とあります。
木工場とあわせて、すでに建設業にも進出していたのがわかります。
電話番号は、まだ3桁です。
武部豊次郎の前掛け
2014年10月13日
先日家の中の片付けをしていると先々代・武部豊次郎の前掛けが見つかりました。
武部木材店の商号と「毎度有難う御座います」「大勉強」という言葉が擦込まれていて電話番号は局番なしの2312。
昭和30年代の古き良き時代の雰囲気が感じられます。
文字の両側には商売の永続を願ってか鳳凰が描かれ素朴な中にもなかなか格調高い図案です。