武部建設株式会社 - モダン クラシック

お問い合わせ

リンク

サイトマップ

プライバシーポリシー

家づくりをデザインする

大工育成塾

私たちは日本の木造建築、住文化の中心を担うのは大工職人であるという認識のもと、大工を下請け化するのではなく、自社で抱えそして育成する道を歩んできました。それが当社の家づくりの強みだと思っています。失敗と試行錯誤を繰り返しながらも、現在「大工育成塾」受け入れ工務店としてがんばっています。

札幌出身の大沢仁朗君が当社の塾生として学んだ2005~2006年当時の「実技研修報告書」の一部をご紹介します。ご興味のある方は、「当社塾生レポート」「大工育成塾に思う」をご覧下さい。

大工育成塾 大工育成塾

大工育成塾

大工育成塾に思う

『大工』という、このあまりにも人間的な職種

男の子(保育園児幼稚園児小学生6年生まで)の、なりたい職業ベスト5前後には、いつの時代にも必ず顔を出す人気の職種、『大工』。(第1生命の調査参考・クリック)それが、年齢を経る毎とに人気ランキングから落ちていきます。

つまり、男子にとって最も人間的で情緒的で肉体も使って汗する職業だと本能的に(DNA的に)感じているからだと思います。先人が作り上げてきた伝統の上に、知恵と五感と美的感性を総動員してものを造り上げていく、男子にとってはすばらしい職業だと言えます。

日本の風土において、それは決して建築家という職種にはなりえなかったし、もちろんなりたい職業ランキングにも、それは登場してきません。

『大工』の中でも棟梁であった人間は、全ての意味でそれだけかなりの能力の持ち主でなければなれなかったはずですし、国のトップ人たちに混じって対等に渡り合えるだけの地位も、またあったのではないかと思います。そうでなければ宮殿や寺院などの国家プロジェクトなんて、成し得なかったはずです。そして、プロジェクトを成就し成果を収めていけば、国民から尊敬の念を集めていったというのは当然のことです。

こんな『大工』という職種が、年齢を経て人気ランキングから落ちていくように、時代を経て現代の生産システムの中でだんだん消えていきそうな状況になってきています。

  • 経済のグローバル化、アメリカ的市場経済主義が問われています。

同じ気候風土の中で育った木を切り、同じ気候風土の中でその土地に暮らす人々の家をその木を使って造り、その土地で米や野菜を作り家畜を育て、自給する。

  • 日本に住む人たちの生き方が問われています。
  • 北海道に住む人たちの生き方が問われています。

『大工』というこのすばらしい職種のことから、こんなところまで考えてしまうわけです。

2006年1月20日

大工育成塾
「大工育成塾」は国土交通省の補助を受けた国家プロジェクトです。