武部建設株式会社 - モダン クラシック

お問い合わせ

リンク

サイトマップ

プライバシーポリシー

家づくりをデザインする

家づくりの流れ

知って下さい
当社の家づくりはまずお客様に私たちの家づくりの考え方、進め方を知っていただく事から始ります。様々なメディア(新聞、雑誌、TVなど)、またOBお客様からの口コミ、ダイレクトメール(DM)、チラシがあります。当社を知っていただくために、このホームページも情報源のひとつとしてお役に立てれば幸いです。
来て見て下さい
興味を持っていただけましたら当社までご足労いただき、多目的ショールーム「結ホール」「再生民家住宅モデル」「古材ギャラリー」作業場等をご覧下さい。どんな作業環境でどんな職人たちがどんな家づくりをしているかご理解いただけると思います。
さらに実際の現場見学、完成見学会も随時行っていますのでお問い合わせ下さい。
声をかけて下さい
このような前段階を経て家づくりの相談の声を掛けていただければ社長以下スタッフ全員、誠実に対応いたします。
選んで下さい
他社の情報もよく調べて比較しご検討下さい。また当社との相性も考えていただき、結果として当社を選んでいただけれ幸いです。家づくりはその後の長いおつきあいの始まりです。
お互い理解し合い信頼関係を築き上げていく事が何よりも大切だと思っています。ぜひ一緒に家づくりを始めましょう。
>> 実際のお客様の声
家づくりの流れ
家づくりの流れ
家づくりの流れ
家づくりの流れ

当社を選んでいただいた後は以下のような流れで準備が進みます。

1.設計(詳細はこちらをクリック)
新築,増築、リフォームを問わずまず設計から入ります。予算とご希望の規模、間取り、庭づくりなども含めた住まい方などを聞かせていただき、たたき台になる図面を基に打ち合わせを何回も繰り返してプランを詰めていきます。
>> 実際のお客様の声
2.積算(詳細はこちらをクリック)
ある程度の基本的な方向が固まり内容がはっきりした段階で一度見積もりをして概算金額をはじき出します。しかし、お客様の予算と概算見積金額が合わない事が多いのです。何故ならば最初はお客様の希望を最大限取り入れながら設計を進めるからです。
3.調整(詳細はこちらをクリック)
次の段階でお客様の希望と予算との落差を図面と積算内容を精査しながら調整していきます。当社ではこのプロセスを大切にし時間をかけていきます。予算配分の優先順位を検討しながらお客様の希望を最大限実現すべく努力します。
お客様とのこの時間の共有が相互理解と信頼関係を築く大きな力になる事を多くの経験から知っているからです。
4.契約(詳細はこちらをクリック)
図面と見積書との整合性を確認し納得していただいた後に契約を交わす事になります。図面,見積書,契約書が家づくりスタートの3点セットです。
5.建築確認申請(詳細はこちらをクリック)
契約後必要書類を作成して工事着工に向けて確認申請書を役所に当社が代行し提出いたします。
6.その他の手続き(詳細はこちらをクリック)
長期優良住宅や省エネ関係の助成金などの要件となる「性能表示制度」の評価申請や瑕疵担保履行保険に関わる諸手続きなども確認申請に沿って行っていきます。
この期間、建設予定地(現場)では地盤調査や現地確認などの準備をしていきます。そして確認申請が降りたなら工事着工(GO!)となります。

家づくりの姿勢

私たちは「家は現場でつくるもの」と考えています。
「売る家」「買う家」ではなく、お客様に合わせて一棟ごとに職人が丁寧につくり上げていく、そんな家づくりの姿勢を大切にしています。そして「どんな家」を「どんなつくり方」で行うのかを、皆様とお話ししながら進めています。

「どんな家」

家づくりの姿勢当社の創業は昭和21年で造材業・製材業からのスタートでした。
それ故、木にこだわり木造住宅を主として北海道の気候風土に根ざし、北海道の歴史文化に立脚したデザイン、性能、機能を求め、道産材、国産材を主に使い、省エネルギーで暖かく開放感のある家をつくってきました。
時を経るごとに地域の景観に溶け込み、家族の歴史を暖かく包み込んでいくような雰囲気のある家を理想としています。

「どんなつくり方」

家づくりの姿勢木造住宅は長い歴史の中で培われてきた日本の大切な文化の根幹でもあります。
伝統木造建築は「構造すなわち意匠」と言われるように構造的にもデザイン的にも洗練されつくされています。
木造住宅の基幹技能者は昔も今も大工です。
当社では熟練した棟梁の下で若い大工を育て「技術技能」を磨き、より質の高い家づくりに努めています。
伝統的技能に習熟するということは様々な木造建築に対する対応力を高めることになります。

当社では基礎及び木造軸組等、大切な構造部分の施工を自社の職人で賄う「直営生産方式」を採用しています。
設計から施工管理まで一貫した責任の下で「直営生産方式」によって家づくりを進めていきます。
(意を同じくする設計事務所とのコラボレーションも歓迎します)

そして「現場キレイ運動」

家づくりの姿勢『現場キレイ運動』は「5S+1M運動」を具体的に進める活動です。
06年に仙台の先進企業に当社の社内活性化委員会の6名が研修に行ってから始りました。
「現場キレイ」に始り「トイレキレイ」「物置キレイ」「道路キレイ」「会社キレイ」に進んでいます。
試行錯誤をしながらもより徹底すべく、がんばっています。

現場看板デザイン

家づくりの姿勢

5S1M運動社内講習資料

家づくりの姿勢